ブラックでも冠婚葬祭でお金はどんどん出て行く

#社会人になると、様々な付き合いというものが出てきます。

会社の同僚や上司との付き合い、友人との付き合い、親類との付き合いなど、多岐に渡りますね。

こうした付き合いで人脈が広がっていくと、それに伴って増えるのが冠婚葬祭に際しての出費です。

友人知人の結婚や、お世話になった恩人の葬儀など、顔を出さなければいけないことが多くなると思います。

私自身こうした付き合いの中で冠婚葬祭の催しに呼ばれることが多くなり、その度に出費がかさんで悩みの種となります。

結婚式に呼ばれたのであれば、予定が決まってから呼ばれるわけですから、こちらとしても準備がしやすいのですが、訃報となると大変です。

誰がいつ亡くなるかなんて分かりませんし、当然それに対して準備などできるはずもありません。

訃報が給料日前に飛び込んできたら悲惨です。私は実際にこうしたシチュエーションに遭遇しましたが、お香典に包むお金が足りません。

どうしようかと悩んだ末、キャッシングでお金を借りることにしました。

それまで借金に対して良くないイメージしかなかったので、できるなら消費者金融やカードローン、キャッシングなどは使わないようにしていたのですが、この時ばかりは背に腹はかえられぬとキャッシングに頼りました。

こうして難を逃れたのですが、この一件以来、私の中で借金に対するイメージも若干変わりました。

正しく利用すればこれほど頼りになるものはない、そう思えるようになりました。

このページの先頭へ