親のためにお金を借りたが自分もギャンブルにハマって

#借りたきっかけは、親がお金に困っていて何も考えずに借りたことです。

僕が借りて親が返す・・・と言う条件でした。

初めはそれで大丈夫でしたが。

その頃からギャンブルもするようになりました。

そうなると負けが続けばお金が無くなり生活が厳しくなってきました。

そこで親が前に頼んで行った金融やに行って借りれる幅を広げてもらってそれを生活費にしようと思いました。

けれどお金があればまたギャンブルに走ってました。

「これで勝ったら返そう」

「これで終わろう」

と自分で言い聞かせてましたが熱くなりそんな気持ちはどこかに飛んでいってました。気がつけば何社にもわたり借りていました。月々の返済額も多くなっていきました。

返しても返しても減っていかない返済額・・・

もうギャンブルは一切しなくなり返すことに力を入れました。普段の仕事の給料では返していけないので掛け持ちでバイトもするようになりました。まさに寝る間も惜しんで働きました。

何の為にこんなに働いているのかわからなくなった時期もありました。

自分で蒔いた種・・・とは言えかなり精神的にしんどかったです。ようやく全額返す見込みが出てきたときは嬉しかったですね。それに僕自身、切羽詰まっているとはいえこんなに働こうと思えば働けたんだ。と変な自信もつきました。

今は、やっと全額返済して落ち着いてます。またもし借りることがあれば今度はちゃんと考えて昔みたいなことがないようにしたいとつくずく思います。

このページの先頭へ